読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花や散るらん / 葉室麟

この作品を読めば、誰もが持っている忠臣蔵のイメージは崩れるだろう。しかし、真実はこの作品のような卑近なものだったような気がする。それほどのリアリティを持って、登場人物が描写されていて、心の動きまでよく感じられる。

とはいえ、この作品は忠臣蔵についてのものではなく、あくまでも、雨宮蔵人(とその妻、咲弥)が主人公であり、葉室作品にお馴染みの、芯の通った生き方の主人公とするものだ。

文庫本の解説(島内景二氏)に、「読者の価値観を変容させる」作品と高く評価しているが、これは葉室作品に共通していると感じる。

時に頑迷な程に、自分の生き方を貫き通す姿に静かな憧憬の念を抱く。