読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼天見ゆ / 葉室麟

幕末から明治へと時代が激しく移り変わる中、主人公 六郎の仇討ちを中心に、時代に翻弄されながらも、変わらない、変えることができない、心持ちがあることが印象に残った。

仇討ち後の六郎の人生は、虚無感を感じさせるもので、本当の蒼天をみることができなかったのではないだろうか。

今まで読んだ葉室作品とは異なり、少し後味の悪い読後感がある。